土屋アンナのタトゥーは本物?tgcの太もものは消した?裁判で甲斐智陽とバチバチの結果は?

土屋アンナのタトゥーは本物?tgcの太もものは消した?裁判で甲斐智陽とバチバチの結果は?
Pocket

モデルに歌手にタレントに女優とマルチに活躍されている土屋アンナさん。

そんな土屋アンナさんににタトゥーが入っているということで話題になっています。

そして土屋アンナさんのタトゥーが『Tokyo Girls Collection』で観客の目の前でタトゥーが露になったらしく、より話題になっています。

今回はそんな土屋アンナさんについて調べてみました。

土屋アンナのTGC出演時の太ももタトゥーは本物?

東京ガールズコレクション 2017 AUTUMN/WINTEでの出来事で、土屋アンナさんと山田優さん、香里奈さんの三人がトップバッターで舞台に登場。

クールなイメージの3人の登場はまさに圧巻です。

そこで最初羽織って登場した、トレンチコートを脱ぎ棄てた山田優と土屋アンナさん。

土屋アンナを見て、足のタトゥーが表れ、見る人の目を釘付けにしました。

東京ガールズコレクション(TGC)2017AUTUMN/WINTER」が2日、さいたまスーパーアリーナで開催され、土屋アンナ、山田優、香里奈の3人が華やかにトップバッターを飾った。

土屋らは、ベージュのトレンチ風コートに真っ赤なロングブーツで登場。

土屋と山田は途中でコートを脱ぎ捨て、セクシーな黒いボンテージ風ファッションを披露し、会場からは大歓声が沸き起こった。

土屋は両太股に蓮の花や蛇などのど派手で存在感たっぷりのタトゥーが入っており、“強烈なインパクトを振りまいた”。

背中もパックリ、ヒップもキュッと切れ込んだデザインで後ろ姿もセクシー。

MCの陣内智則から「お尻がすごかった」と驚かれると、「うしろ(バックヤードで)プリップリってなってるよね、って言いながら…でも出しました!」とあっけらかんと笑顔で語っていた。

おしりの画像はこの後に載せていますが、確かにプリっとしています。

なぜ陣内がMCなんだ!

右太腿に、かなり大きくタトゥーが入っているのが分かりますね。

更にはおしりにまで、太ももから、後ろに回っておしりのサイドにまでタトゥーが広がっていることが分かります。

おしりがプリッとしていますねw

確かにおしりにまでタトゥーが及んでいます。

土屋のタトゥーは腰から太ももにかけてびっしり入っているように見え、両太股には、蓮の花や蛇のど派手で存在感たっぷりのタトゥーが入っており、ちょうど、ホットパンツを履けば隠れるぐらいの範囲となっている。

強烈なインパクトを残した。

あまりオシャレなタトゥーじゃない上に、両方の脚に入っていると言う事で、会場では少々ドン引きしていた様子もあったようです。

そしてあのタトゥーは本物かどうかという点について、東京ガールズコレクション以外のオフショトをみてもはっきり写っていたりするので太ももタトゥーはほぼほぼ本物と言えるでしょう。

また左の脇腹にも、色鮮やかなタトゥーが入れられています。

個人としては土屋アンナさんにタトゥーがあってもなくても全然気にしないですけどね、ただ仕事に影響が出なければいいなと思いますね!

スポンサーリンク

土屋アンナのタトゥーの意味は?

蓮の花と蛇のタトゥーはどんな意味か、太ももから腰にかけて入っているタトゥーは蓮の花と蛇です。

蓮の花には、汚い世の中でも強く生きるという意味が込められており、蛇には再生や知恵、生命のエネルギーといった意味があります。

離婚を繰り返し、シングルマザーとして子供を育てていた時期もあった土屋アンナさん。

母としても強く生きる決意の表れだったのでしょうか。

脇腹には、これまた色鮮やかな鳳凰が入れられています。

鳳凰には無限や再生といった意味が込められているそうです。

無限と再生ですか、永遠に生きるとかなんですかね?

土屋アンナはタトゥーを消した?

2018年6月頃の写真ですが、こちら。

少し加工して見えやすくしていますが、うっすら影があります。

白いストッキングを履いており画像も明るくてぱっと見わかりませんが、加工するとわかります。

刺青(タトゥー)はお腹だけではなく、背中(骨盤)の方にも入っているみたいです。

水着などのグラビア撮影の時や、テレビで露出する場合の時は、編集で消している時もあるそうです。

お腹の消えてます。

こういうことなんでしょうね!

スポンサーリンク

土屋アンナは甲斐智陽と裁判?

裁判に至った経緯と訴訟の内容の確認から。

始まりは2012年4月、光文社が甲斐智陽さんに浜田朝美さんの著書を舞台化しないかと持ち掛けたことが事件の原因。

浜田朝美さんはについてですが、身体障害を持つ歌手で、著書のタイトルは「日本一ヘタな歌手」でした。

それから甲斐智陽さんは舞台「誓い~奇跡のシンガー」の脚本を完成させ、2013年5月に土屋アンナさんと出演契約を結びます。

舞台の公演は2013年8月を予定していましたので、すぐに練習が開始。

ですが、3度目の稽古の時に事件が発生しました。

なんと、土屋アンナさんが稽古のボイコットを始めたのです。

そして代役が立てられないまま舞台が公演中止になりました。

甲斐智陽さんは「土屋アンナさんが稽古に参加しなくなったために舞台を中止せざるを得なくなった」という理由で、約3千万円の損害賠償を求めて訴訟を起こしたのです。

これが裁判の始まりです。

スポンサーリンク

土屋アンナと甲斐智陽の裁判の結果はどうなった?

甲斐智陽さんが起こした訴訟の東京地裁の判決では、「土屋アンナさん側に非はなかった」として甲斐智陽さんの主張は退けられました。

なぜか?それは舞台化するということを、原作者である浜田朝美さんから承諾を得られていないということだったのです。

浜田朝美さん「舞台化の話は聞いたが、内容までは知らない」と。

土屋アンナさんが稽古に参加していたとしても、権利関係の承諾のないまま舞台公演は不可能ということを理由に裁判所は判決を下しました。

甲斐智陽さんの言い分としては、
・浜田朝美さんは当初から舞台化の話を喜んでいたし、承諾もしていた。

・土屋アンナさんがセリフを覚えられないから降板するために浜田朝美さんと口裏を合わせて承諾していないことにした。

という訳の分からない発言をしており、精神に異常をきたしているようです。

一方、土屋アンナさんの言い分は、
・台本に主役の女性が天国へ旅立つシーンがあったので最初から戸惑いがあった。

・浜田朝美さんが舞台公演を承諾していないなら公演は中止になる。

つまり舞台は原作者である浜田朝美さんの承諾ありきだということで、もっともな話だったのです。

2014年12月に東京地裁は「土屋アンナさんが甲斐智陽さんに200万円支払う」ことを和解案としましたが、甲斐智陽さんはこれを拒否します。

さらには和解どころか、甲斐智陽さんは土屋アンナさん(としか思えない)のことを侮辱した内容の歌詞を含んだ楽曲を動画サイトにアップロードして公開してしまったのです。

これが逆に甲斐智陽さんの立場を悪くする要因となりました。

甲斐智陽さんの楽曲が名誉棄損と認定されて裁判所は甲斐智陽さんに33万円の支払いを命じたのです。

これで土屋アンナさんの勝訴となりました。

甲斐智陽さんは当然、判決に納得していないため控訴しましたが、2017年7月22日に東京高裁が1審判決を支持したことによって控訴は棄却されて裁判費用も甲斐智陽さんの負担とすることになり、土屋アンナさんが完全勝利で決着したのです。

簡単にまとめると、甲斐智陽氏が損害賠償を求めた訴訟で、土屋アンナ側が完全勝訴した

甲斐氏の敗訴は予想されていたが、民事訴訟で100対0という判決は異例と記者。

一度は引き受けた土屋側にも多少なりとも責任はあるのではと述べた。

完全勝利なんて裁判であるんやね・・・

スポンサーリンク

土屋アンナの裁判で上告はあるのか?

甲斐智陽さんは二審の判決も不服として上告の準備を進めようとしたそうですが、代理人がこれ以上戦っても勝ち目がないと判断し、上告は取りやめとなりました。

この裁判のポイントは原作者である浜田朝美さんから承諾を得られていなかったこと。

この1点につきます。

甲斐智陽さんが浜田朝美さんと念入りに打ち合わせをして脚本を作りこんでいられたなら、こうはならなかったはずです。

恐らくですが、甲斐智陽さんは浜田朝美さんと直接話さなかったのではないかな、と思います。

代理の人が伝言係になっていたためにどこかで話が食い違ってしまったのではないでしょうか?

最後までお付き合い頂きありがとうございます。
それでは!

モデルカテゴリの最新記事