香川照之が実は東大の首席だった?主席で学部は?離婚報道の理由と原因は?息子はどうなる?

香川照之が実は東大の首席だった?主席で学部は?離婚報道の理由と原因は?息子はどうなる?
[記事公開日]:2018/07/17 [最終更新日]:2019/10/29 
Pocket

香川照之が東大卒だった?しかも主席?ということで、香川照之を本当に有名難関大学を首席で卒業したのでしょうか?

さらに離婚報道もありましたが、その多くを語っていません。真相はいかに??

香川照之のプロフィール

名前:香川 照之
生年月日:1965年12月7日
出身地:東京都
血液型:AB型

20代の頃はなんとなく俳優を続けていたが、『静かなるドン』の撮影時、監督の鹿島勤から100回NGを出され、それ以来、真剣に演技に向き合うようになった、と語っている。

熱狂的なボクシングファンである。

きっかけは、少年時代に具志堅用高の試合を見たことだった。

カマキリのきぐるみを着て「カマキリ先生」と名乗り、昆虫に対する並々ならぬ思いを語っている。

スポンサーリンク

香川照之が東大首席って本当?

香川照之が東大卒ってことなんですが、主席である根拠となるものは現在のところ見つかりませんでした。

ですが東大を卒業しているのは間違いありません。

このように演技力も優れている香川照之さんには、さらなる仰天エピソードが。

それは東京大学卒業という、国内最高の学歴!

一部では「首席だった」という説まで存在するくらいです。

ここまで完璧であれば、すごいどころか怖いくらいですね……!

香川照之さんが卒業したのは、東京大学の文学部社会心理学科。

しかし、香川照之さん本人は、これまで学歴については語りたがりませんでした。

その理由というのは、俳優業に直接的な関係がないから、というものだったようです。

謙虚というべきなのか、凡人には理解できないことが多すぎますね。

全く持ってそんな感じしなかったんですけどね!

東大卒みたいです。

本人的にはそれを売りにしたくはなかったようです。

それにしても地頭がかなりいいからこそ俳優の役も演じ分けられるのかなと思うわけですよ!

香川照之は東大主席で学部は?

主席だったら相当凄いですよね!

ちなみに「いつやるの、今でしょっ!」でお馴染みの林修先生と同期だったようです。

実は超頭が良い香川照之。

香川照之さんは、名門、暁星学園高校を卒業後に、現役で東京大学文科3類に合格し、合格しただけでは なく、首席で卒業しました。

東大に入るだけでも大変なのに、首席で卒業するとは相当頭が良いのですね。

東京大学の文学部社会心理学科。

主席というのは確証はありませんが、東京大学卒業というのは恐ろしく頭が良いのでしょう。

さらに、それを隠して芸能界で努力されて今に至っているのが、測り知れませんよ、まさに「能ある鷹は爪を隠す」と言えますね!

スポンサーリンク

香川照之の離婚報道の理由と原因?

2106年12月に離婚をしていたことが発表された香川照之さん。

21年間寄り添った2人にいったい何があったのでしょうか。

同月14日に取材報道陣囲まれるなか対応をしていました。

香川は「今回はひとえに私の力不足でこのような結果になってしまいました。お騒がせしてしまったことを深くおわび申し上げます。」と頭を下げた。

離婚の理由については「経緯も含め離婚をしたという事実以外は何も語らないということを約束してますので。」として明かさなかった。

2人だけの秘密にして理由は闇の中へ。。。

香川本人から理由が発せられることはありませんでした。

しかし、離婚の理由として推測するに理由は「歌舞伎界入り」がことの発端ではとみられています。

俳優業も忙しい中で、歌舞伎も演じていた香川さん。

超多忙であり、離婚危機が報じられたのは2014年の頃でした。

香川照之の2014年離婚危機の真相は?

離婚危機の理由については歌舞伎界が関係しているようです。

具体的な重荷はいったい何だったのだろうか。

普通なら数十年かけて学ぶ歌舞伎の芸を、香川は短期間で覚えなければならない。

そのうえ、映像の仕事もある。自分のことだけで手いっぱいという状態が続き、自然と芸事以外はすべて知子夫人任せになっていったという。

歌舞伎界に入るにあたり、自分のことで精一杯となっていた香川、そのツケは裏方をしなければいけない元嫁さんのストレスとなっていたようです。

しかも家庭内に収まらずに公の場においても、ストレスになっていました。

2014年7月の舞台「7月大歌舞伎」でのこと、奥様が行うはずのロビー活動を母親・浜木綿子さんが行っていました。

「梨園では歌舞伎役者の妻は、ロビーに立って後援会やご贔屓のかたがたに挨拶するのが慣例です。

しかし、香川さんの奥さん・A子さんは歌舞伎座に姿を見せずに、代わりに母親の浜木綿子さん(78才)がロビー活動をおやりになっていました。

これはかなり異例のことといえますよ。

夫婦間に何かトラブルでもあったのかな…って思ってました」

この時すでに事は動いていたということです。

その光景は9月舞台の時も同様姿を見せなかったことから、離婚の二文字に現実味を帯びていたようです。

毎年恒例となっている『中車と團子を囲む会』には、彼女の姿はなかった。

「昨年までは香川さんの横に必ず並んでいたんですけどね。

でも香川さんは挨拶でも奥さんについて触れることなく、沈黙を決め込みました。

参加者の中からはいよいよ離婚かなんて声も聞こえたほどです」(参加者のひとり)

2014年7月より、別居状態にあったようです。

実家から別のマンションへ引っ越し、引っ越したマンションから何度も仕事場へ通う姿も目撃されている。

そのマンションから妻や子供の姿はありませんでした。

「9月になると子供たちの学校で新学期が始まるため、その前に引越しを決意したそうです。

別居の理由について、知子さんは子供たちに『お父さんは忙しいから』としか言えなかったそうです。」

この当時は家族のみんなが互いにつらい時期だったでしょう。

スポンサーリンク

香川照之の嫁は梨園の風習に嫌気がさした?

奥さんであった知子さんは、仕事に多忙の香川を支えるため、梨園の妻としての役割を果たそうと努力されていました。

しかしそこに合った反応は「陰湿な嫌がらせの数々」そりゃ嫌気もさします。

公演中は妻も毎日劇場通いをしなければならない。

ロビーに立って訪れた贔屓筋・後援会に挨拶回りをし(チケットを一枚でも多く買ってもらうため)、お中元やお歳暮の手配、贔屓筋の誕生日には直筆のメッセージを添えたお花を贈り、1000枚以上の年賀状を毛筆で書いて出すなど、これらすべてが梨園の妻の仕事なのである。

さらに着付けやお茶の作法、基本以上のマナーレベルを身に付けていることなどなど、とにかく梨園の妻は厳しい。

プラス、子供の世話と舅猿翁さんのサポートとやることは多岐にわたりましたが、あるきっかけが知子さんの緊張の糸を切ってしまうのです。

それは息子に対する暴言への香川さんの対応にありました。

長男を”ただの駄馬”呼ばわり?

歌舞伎・長唄囃子の田中傳左衛門さんのブログでは、2013年10月の春興鏡獅子の“胡蝶の精”という大役を担った市川團子くんを、一緒に同役を演じた松本金太郎くんと比較し”只の駄馬”と罵る内容(現在削除済み)があったとされます。

息子を只の駄馬と罵られて怒りを覚えない親が居ましょうか?

奥さんの知子さんは憤りを覚えたのですが、それに対する香川の態度に不信感が芽生えたのです。

しかし、それを共演する歌舞伎界の大物がブログで、名前こそ伏せてあったものの、團子くんを《只の駄馬》と酷評したんです。

それを知ったA子さんは、たいへんなショックを受けていました。

さらに、大事な息子が批判をされたにもかかわらず、香川さんは相手が大物ということもあってか、何の対応もしなかったそうです。

結局、ファンからのクレームで、そのブログの記述は消されたんですが、A子さんにしてみれば、“わが子を守れない父親なんて必要ない”となってしまったみたいで。

いまだに香川さんに対して、根強い不信感があるようですよ」(梨園関係者)

父親である香川照之さんの不甲斐ない態度に不信感があり、ありえないと思えたのでしょう。

更に、梨園の新妻であった知子さんに、先輩妻の方々からの陰湿ないじめもあったそうで、挨拶をしても無視から始まり様々な嫌がらせがあったそうです。

溝を埋める努力をするも溝は深まったまま、離婚へという道をたどりました。

香川照之の息子はどうなるの?

市川團子(政明)くんについての親権は、香川照之さんが持ちます。

約2年前から双方が代理人を立て話し合いを継続。

慰謝料や団子の親権を香川が持つことなどで合意し、離婚が正式成立した。

忙しい香川照之に子供が見ていられるのかいささか不安になるのが母親というのも、しかしそこには熱い香川照之の思いがあった。

香川照之さんがまだ1歳のときに市川猿翁さん(77)と浜木綿子さん(81)が離婚。

彼は母に育てられたため、45年にわたって父子関係は断絶状態でした。

しかし香川さんは歌舞伎役者になる夢を捨てきれなかった。

そのため父との和解を模索し、中車として梨園入りを果たしたのです。

そこには『自分が澤瀉屋の看板名跡である市川猿之助を継げなくても、息子には何としても継がせたい』という思いがありました」(歌舞伎関係者)

過去の確執の関係もあるようですが、歌舞伎に寄せる思いもあるのでしょう。

生活がうまくいくことを祈ります。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。
それでは!

俳優カテゴリの最新記事