田中美佐子の若い頃がかわいい?離婚の原因は?子供の学校は湘南白百合?

田中美佐子の若い頃がかわいい?離婚の原因は?子供の学校は湘南白百合?
Pocket

今回は女優の田中美佐子さんを紹介していきます!

いい年ですが奇麗なんですよね~

ですが、若いころもかわいいと話題なんです!

諸々紹介していきます!

スポンサーリンク

田中美佐子さんのプロフィール

本名:深沢 美佐子(ふかさわ みさこ)

名義:田中 美佐

生年月日:1959年11月11日

出生地:島根県隠岐郡西ノ島町

身長:163cm

血液型:O型

職業:女優

ジャンル:テレビドラマ・映画・舞台

活動期間:1981年 –

島根県海士郡海士村(現・隠岐郡海士町)で兄2人と姉の4人兄姉の次女として誕生。

松徳女学院高等学校(現:松徳学院高等学校)卒業後、上京。

短大在学中に、劇団ひまわりに入団。東洋女子短期大学英語英文科卒業後の1981年、TBSの緑山私塾からドラマ『想い出づくり』でデビュー。

当時の芸名は「田中美佐」であった。

現在もキレイで活躍されていますが、若い頃もかわいいと話題なので調べてみましょう!

田中美佐子さんの若かりし頃とは?

現在もきれいですね~笑顔が可愛らしい!

とてもいいですね!

ですが性格は男前らしいですよ!

プロポーズも自分からするほどです。

若い頃が可愛いとの事で画像を探してみました!

確かに噂になるのも頷けますね!

というかめちゃくちゃかわいいですね!

あなどれない可愛さですよ本当!

現在活躍されているキレイな女優さん方の将来も気になるところですね~(笑)

今とそんなに差がある感じもしないですし、いい歳重ねている雰囲気がありますよね!

そんなキレイと噂がある田中美佐子さんですが、夫婦仲に不穏な空気が流れており離婚がささやかれているそうなのです。

スポンサーリンク

田中美佐子の離婚、真相は?

2017年1月8日に放送されたテレビ朝日「あるある議事堂SP」では、多くの芸能記者が2017年には「2016年を超えるスクープがある」と公言。

その中で、元フライデー記者の佐々木博之が「タレントFと大物女優が離婚する」とイニシャルで暴露したのがきっかけだった。

番組内では、2017年の大スクープとして「タレントと大物女優が離婚する」と公言した佐々木記者はイニシャルで「旦那がタレントF」「離婚の噂はずっと流れている」と暴露。

さらに、その大物女優の年齢が「50代」と明かしたことからネットでは特定作業が行われ、該当した夫婦が深沢と田中美佐子だったことで離婚を予想された。

佐々木記者の話では、田中美佐子と深沢の家の近所で聞き込みをしており、「最近、二人で一緒にいるところを見かけることがない」という証言が取れていること、そして現在は「別居中であることが間違いない」事まで明かした。

田中美佐子の離婚がささやかれ始めたのは?

2012年7月8日、Take2の東貴博と安めぐみが、結婚披露宴が開かれ、父親役として出席した萩本欽一(をはじめ、伊東四朗、三宅裕司、小堺一機など380人もの豪華メンバーが駆けつけるなか相方の深沢邦之の嫁・田中美佐子だけが出席していなかった。

「夫妻で招待されていながら、深沢だけが出席し、田中美佐子が姿を見せなかった」と女性自身が報じているが、夫の相方の披露宴なのに、欠席するなんてあり得ない行為。

しかし、このころから深沢との離婚を考えていたとすれば、納得できる。

最近では女優やバラエティー番組に出演を増やし、芸能活動を頻繁に行っている。

芸能レポーター井上公造が番組で語っていたが、「急に芸能活動を始めると離婚するのかもしれない」とその芸能人を、芸能レポーターがマークしだすそうだ。

自分の旦那よりも東MAXが稼いでいることに不満があったそうです。

自分から旦那にプロポーズしといてなんだそりゃ?深沢邦之にプロポーズしたのはだれだ?と思いますが、コンビなのになんで稼ぎが少ないんだと思ったのかもしれません。

だから披露宴に出たくない!って出なかったんでしょうね。

不仲になったのはいつから?「深沢の相方、東貴博(45)と安めぐみ(33)が12年7月に結婚披露宴を開いた頃です。

実は夫妻で招待されていながら、深沢だけが出席し、田中が姿を見せなかった」なぜ、夫の相方の大事な披露宴を欠席したんだろう?

「田中は自分の夫よりも売れている東のことを、ずっと快く思っていなかったようです。

嫉妬心から、常に東に冷たい態度を取り続けていたので、『なんて器の小さい女なんだ』と深沢の怒りはどんどん高まった」修復の可能性は?

「もう無理でしょう。

実は別れたがっているのは深沢のほうなんです。

数年前から深沢には若い愛人がいて、もう彼女に夢中ですよ。

寄る年波には勝てず劣化した妻より、ピチピチギャルがいいってことなんでしょう」じゃあ、田中は相当嫉妬している?

「もちろん、嫉妬はしていますが、今更離婚するまでもないと考えています。

最初は束縛妻で、ずっと深沢を監視していましたが、それが逆効果だとわかってからは『浮気してもいいから私を捨てないで』と泣いてすがったそうです」

スポンサーリンク

今更別れる必要もないという年もありますが、お子さんもいらっしゃるため成人するまでは離婚しないかもしれませんね!

泣いてすがるほどということはそれだけ愛している証拠でもありますね!

惚れたほうの負けって恋愛では言いますし仕方ないですが、離婚しないでほしいと思ってしまいますね!

それでは!

女優カテゴリの最新記事